スポンサードリンク

深蒸し茶の効能|ためしてガッテン

深蒸し茶の効能と効果について

2011年1月12日放送のNHKのためしてガッテン!で、お茶の健康パワーについてやっていました。

お茶はお茶でも、効果があるのは、深蒸し茶だそうです。


ためしてガッテン!が注目したのは、静岡県掛川市。

掛川市は、がんによる死亡率が日本で一番低く、高齢者の医療費も安いんだそうです。

調べていくと、緑茶が関係しているようだと・・・。

なぜ?掛川市なのか?他にもお茶の産地はいろいろあるのに・・・。

それは、深蒸し茶だから!


掛川市で一般的に飲まれているお茶は、「深蒸し」と呼ばれる製法で作られた、通常品の倍の時間蒸して作られたお茶だそうです。

この深蒸し茶には、粉のような浮遊物がたくさん含まれていて、

その浮遊物に、普通の茶ではほとんど含まれない成分があったそうです。

それが・・・・

βカロテン、ビタミンE、クロロフィル

深蒸し茶の効能には、βカロテン、ビタミンE、クロロフィルが深く関係しているようです。


深蒸し茶を飲むことにより以下の効果が期待できるそうです。

βカロテンには抗酸化作用

ビタミンEには血行促進作用や免疫機能改善効果

クロロフィルには腸内環境を整える働きがある



掛川市をはじめとする、茶畑がなだらかな丘にあるところは

茶葉が日光をたっぷりとあびるため、カテキンをたっぷりと含んだお茶になりますが

その分、渋いお茶になるそうです。

その渋みを和らげ、飲みやすくする製法が、「深蒸し」という製法だそうです。

なぜ、深蒸し茶がいいかというと・・・

長時間蒸すことによって、茶葉の組織がボロボロになって、いろいろな成分が溶け出しやすくなるみたいです。


国の研究機関や大学、掛川市が、厳密で大規模な実験では、

お茶の濃厚エキスの入ったカプセルを飲んだグループでは

悪玉コレステロール値が減少。

ウエストも低下。

この実験から、お茶がメタボや動脈硬化の改善・予防に大きな効果があることがはっきりとしたそうです。

また、お茶を10日間飲み続ける実験を行った結果、腸内環境も改善されました。

ただし、お茶を飲むのをやめたところ、前の数値にもどったそうなので、

毎日飲み続けないと意味がないみたいです。


贅沢緑茶深く濃厚なお茶を簡単に愉しめるためしてガッテンで紹介!静岡産深蒸し茶濃厚ティーバ...
| 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

結婚情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。