スポンサードリンク

スロートレーニング

スロートレーニングとは、ゆっくりと行う筋トレです。
ゆっくりと行うことで限界の50%の負荷での筋トレでも、限界の80%の負荷で行う筋トレと同じくらいの効果があることが、実証されました。
スロートレーニングは、脳からの成長ホルモンの分泌を促進することが、最近の研究で実証されました。
成長ホルモンとは、筋肉増強剤と同じような成分なのだそうです。
ですので、スロートレーニングを行えば、効率的に筋肉を増やせます。
また、スロートレーニングでは、軽い負荷でも効果があることから、安全であり、短時間で行えます。

スロートレーニングはNHKのためしてガッテンという番組でも取り上げられました。
NHKのためしてガッテンでは、スロートレーニング後の、成長ホルモンの分泌が盛んな時に、有酸素運動を行うと、脂肪の燃焼効率も高く、ダイエットの効率もいいと言っていました。
NHKのためしてガッテンでは、腕立て伏せ・腹筋・スクワットを一日10回を2セットを1ヶ月続ければ、効果が目に見えるとも言っていました。

運動はちょっと・・・
そんなあなたにおすすめのダイエット方法があります。

簡単ダイエット

携帯の方はこちらへ








スポンサードリンク

結婚情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。